大阪総領事にキム・ヒョンジュン氏、福岡総領事にパク・コンチャン氏、ユネスコ大使にパク・サンミ教授

 韓国外交部(省に相当)はユネスコ(国連教育科学文化機関)駐在の韓国代表部大使に韓国外国語大学国際学部のパク・サンミ教授、駐大阪総領事特任公館長にキム・ヒョンジュン元青瓦台(韓国大統領府)春秋館長を任命した。韓国外交部が17日に発表した。

 パク・サンミ氏は人類学博士で、ユネスコの人類無形遺産審査機関の議長や文化財庁無形文化財委員会委員などを歴任した。キム・ヒョンジュン氏は先日の大統領選挙の際、国民の力選挙対策本部で問題となったネットワーク本部首席副委員長を務め、大統領職引き継ぎ委員会では尹錫悦(ユン・ソンニョル)当選者(当時)の秘書室で国民疎通チームのリーダーを務めた。

 また駐福岡総領事にはパク・コンチャン元慶尚北道警察庁長が任命された。パク・コンチャン氏は大統領選挙で尹候補の最も近くで警護を担当した元警護室長だ。3人はいずれも現職の外交官ではないため、政治家あるいは学者などが起用される特任公館長となる。また職業外交官の堅種皓(キョン・ジョンホ)外交部公共文化外交局長は駐バンクーバー総領事に任命された。今回は尹錫悦政権が米国、中国、日本、ロシア駐在大使と国連駐在大使を任命してから最初に発表された公館長人事だ。

キム・ミョンソン記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲左からパク・サンミ氏、キム・ヒョンジュン氏、パク・コンチャン氏

right

あわせて読みたい