ポケモンのプレイゾーン 来場者が1週間で100万人超=韓国

ポケモンのプレイゾーン 来場者が1週間で100万人超=韓国

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウルで、アニメやゲームで知られる日本発の人気キャラクター「ポケットモンスター(ポケモン)」をテーマに期間限定でオープンしたプレイゾーン「スマイリング・ポケモン」が大きな人気を呼んでいる。スマイリング・ポケモンはソウル・蚕室の高層ビル、ロッテワールドタワーの広場に16日にオープンした。設置したコンビニ大手のセブンイレブンは23日、オープン1週間で来場者が100万人を超えたと明らかにした。 

 プレイゾーンにはポケモンを象徴するキャラ「ピカチュウ」をかたどった高さ15メートルの大型アートバルーンと、ポケモンキャラの造形物が設置されており、写真撮影を楽しむ人たちでにぎわっている。

 ポケモンのグッズを販売する店舗の利用者も2万人に達した。SNS(交流サイト)には関連の投稿が2000件以上ある。

 プレイゾーンは9月12日まで、午前10時~午後10時運営。

 韓国では今年に入り、ポケモン人気が再燃している。ポケモンのキャラクターをあしらった「ポケモンパン」が再発売されて爆発的な人気となった。ポケモンの知的財産(IP)を活用したゲーム「ポケモンGO」は6~7月に国内のゲームアプリ利用者数で連続1位を記録した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • ポケモンのプレイゾーン 来場者が1週間で100万人超=韓国

right

あわせて読みたい