韓国LGグループ、AI倫理原則を発表

韓国LGグループ、AI倫理原則を発表

 LGグループが、人工知能(AI)技術が急速に発展する過程で発生し得る倫理的問題を事前に検証するための「AI倫理原則」を発表した。

 LGグループは24日、「『顧客のための価値創造』と『人間尊重の経営』というLGグループの経営理念を考慮して、5大核心価値を選定した」と明らかにした。LGグループは人間尊重・公正性・安全性・責任性・透明性を5大核心価値に挙げている。

 LGグループは、倫理原則がAI開発に活用できるように具体的な実行戦略も樹立する方針だ。まず、LGグループのAI研究組織である「LG AI研究院」に「AI倫理点検TF(タスクフォース)」を新設した。同TFはLGの構成員たちを対象にAI倫理原則を教育し、AI研究・開発段階で発生し得る倫理問題を事前検証する役割を担う。

 また、同グループ内の主なAI倫理問題を話し合う協議体「AI倫理ワーキンググループ」を今年末にも発足させる予定だ。ワーキンググループにはLG電子、LGディスプレイ、LGイノテック、LG化学、LGエネルギー・ソリューションなど10の系列会社が参加する。LG AI研究院のペ・ギョンフン院長は「LGはAI倫理原則樹立を通じて、人間とAIの共存に関する研究を継続し、真の顧客価値を創出していく」と語った。

キム・ガンハン記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • 韓国LGグループ、AI倫理原則を発表

right

あわせて読みたい