女子バドミントン:アン・セヨン 準々決勝進出=世界選手権

 韓国女子バドミントン界期待の星のアン・セヨン(20)=サムスン生命・世界ランキング3位=が東京で行われている世界バドミントン選手権2022の女子シングルスでベスト8(準々決勝)に進出した。

 アン・セヨンは25日、東京体育館で行われた女子シングルス16強戦(3回戦)で、試合開始から33分、米国のベイウェン・ジャン=同16位=を2-0(21-12、21-10)で完破した。アン・セヨンは26日に中国のハン・ユエ=22位=と準々決勝を行う。女子ダブルスのイ・ソヒ、シン・スンチャン組もマレーシアのビビアン・フー、リム・チュシェン組を2-0(21-13、21-16)で破って準々決勝に進んだ。

パク・カンヒョン記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい