米男子ゴルフ最終戦で任成宰が2位タイ 1打差で年間王者逃す

米男子ゴルフ最終戦で任成宰が2位タイ 1打差で年間王者逃す

【ソウル聯合ニュース】米男子ゴルフのプレーオフ最終戦、ツアー選手権は29日(日本時間)、米ジョージア州アトランタのイーストレークGC(パー70)で第3ラウンドと最終ラウンドが行われ、韓国の任成宰(イム・ソンジェ、24)は最終ラウンドを4アンダーの66で回って通算20アンダー、264とし、スコッティー・シェフラー(米国)と2位タイとなった。逆転優勝して年間王者となったロリー・マキロイ(英国)に1打及ばなかったが、韓国勢としては歴代最高の成績を収めた。

 年間成績上位30人によるシーズン最終戦の優勝者には1800万ドル(約25億円)の賞金が与えられる。任はこれが4回目の出場。賞金575万ドルを獲得した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • 米男子ゴルフ最終戦で任成宰が2位タイ 1打差で年間王者逃す

right

あわせて読みたい