LGとホンダ 米にEV電池工場建設へ

LGとホンダ 米にEV電池工場建設へ

【ソウル聯合ニュース】韓国電池大手のLGエネルギーソリューションは29日、ソウルの本社で日本の完成車メーカー、ホンダと米国に電気自動車(EV)用電池工場を新設するための合弁設立協定を結んだ。44億ドル(約6100億円)を投じ、年産40ギガワット時規模の工場を建設する。来年前半に着工し、25年の量産開始を目指す。韓国のバッテリー会社と日本の完成車メーカーによる初の戦略的協力のケースとなる。

 ホンダの三部敏宏社長は、2050年までにすべての製品と企業活動で温暖化ガス排出量を実質ゼロにするカーボンニュートラル(炭素中立)を実現する目標に言及したうえで、バッテリー業界をリードするLGエネルギーソリューションとEVバッテリーの生産基地を構築することになったと紹介した。

 LGエネルギーソリューションの権暎壽(クォン・ヨンス)最高経営責任者(CEO)は「高いブランド力を持つホンダとの合弁設立を機に米EV市場での支配力のさらなる強化を図る」と抱負を語った。

 同社は車載電池市場で中国CAТLに次ぐ2位。現在、20兆ウォン(約2兆円)以上を投じ、北米での電池生産能力を拡大している。米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)と共に三つの工場の建設を進めるなど、完成車メーカーとの合弁設立も積極的に進めている。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • LGとホンダ 米にEV電池工場建設へ

right

あわせて読みたい