海保測量船への調査中止要求 韓国「正当な法執行」

海保測量船への調査中止要求 韓国「正当な法執行」

【ソウル聯合ニュース】韓国海洋警察が30日に南部・済州島の南の海上で調査を行っていた日本海上保安庁の測量船に調査の中止を求めた問題で、韓国の外交部当局者は31日、「関係機関から日本側の海洋調査船の活動について通報を受け、外交ルートで抗議し中止を要求した」と明らかにした。

 同当局者は「政府は国際法と関連法令に基づき、管轄水域で正当な法の執行活動を行っている」と強調した。日本の外務省が韓国側に抗議したことに関しては、「日本側の抗議は一蹴した」と説明した。

 日本の測量船は韓国と日本がそれぞれ主張する排他的経済水域(EEZ)が重なる海域で海洋調査を行ったとされる。EEZが重なる場合、双方の協議で決めることになっているが、韓国と日本の間では境界の確定が行われておらず、海洋調査を巡る問題が続いている。

 同海域では昨年1月にも海洋調査を行っていた日本の測量船に韓国が調査中止を求めていた。当時、韓国海洋警察の船舶が測量船に接近し、退去を要求。測量船が要求に応じず、双方の船舶が一時にらみ合いとなった。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • 海保測量船への調査中止要求 韓国「正当な法執行」

right

あわせて読みたい