ソウル・光化門広場に日章旗の絵? 批判受け市が撤去へ

ソウル・光化門広場に日章旗の絵? 批判受け市が撤去へ

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル中心部で6日リニューアルオープンした光化門広場のバス停の絵に、日本による植民地時代の朝鮮総督府と、日章旗を連想させるデザインが描かれているとの批判の声が上がった。ソウル市は光化門広場の変遷を示そうと若手デザイナーとの協業でこの作品を制作、設置したが、批判を受けて30日に展示を終了することを決めた。 

 この作品は光化門広場の世宗文化会館前にあるバス停のボードに設置されている。市によると、朝鮮王朝時代から植民地時代、2009年、22年現在まで、広場の変遷を描いた四つの作品からなる。

 問題となったのはその二つ目だ。広場の様子を描いたもので、朝鮮総督府が見え、バックには日章旗を連想させる模様がある。インターネット上では「朝鮮総督府と日章旗を象徴する絵を光化門広場に展示するのは不適切だ」「暗うつな時代を太平の世のごとく描写した」などの批判が相次いだ。

 こうした反応に市側は当惑している。市の説明によると、日章旗を連想させると指摘された赤い円は、二つの直方体と合わせて「道」と「門」を表現したものだった。

 市は30日、「光化門広場の歴史をたどれるよう、光化門の全景を記録した作品を若手デザイナーと協業して制作した。つらい歴史を乗り越えて変化していく過程を示そうとした」と釈明。だが誤解の余地があったことを認め、デザイナーと協議した上で、同日付けで展示を終了する計画だと述べた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • ソウル・光化門広場に日章旗の絵? 批判受け市が撤去へ

right

あわせて読みたい