新たな韓日関係へ協力策模索 韓国全経連が来月セミナー

新たな韓日関係へ協力策模索 韓国全経連が来月セミナー

【ソウル聯合ニュース】韓国経済団体の全国経済人連合会(全経連)は30日、「新政権の新たな韓日関係のための両国協力策セミナー」を来月6日にソウル・汝矣島の全経連会館でを開催すると発表した。

 セミナーでは、日本による植民地時代の徴用被害者への賠償問題を巡り、文喜相(ムン・ヒサン)元国会議長が自身の在任中に提案した両国企業と国民(1プラス1プラスアルファ)から寄付を募って基金を設立し、被害者に支給する案をテーマに基調演説を行う計画だ。

 また、鄭鎮碩(チョン·ジンソク)国会副議長、相星孝一駐韓日本大使、額賀福志郎日韓議員連盟会長があいさつする。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • 新たな韓日関係へ協力策模索 韓国全経連が来月セミナー

right

あわせて読みたい