韓国検察、李在明代表に6日に出頭要求…民主党「野党弾圧、政治報復だ」

 韓国野党・共に民主党は1日、検察が李在明(イ・ジェミョン)新任代表に出頭を求めたことを明らかにした。 野党は「とんでもない理由で出頭を求めた」とし、「尹錫悦(ユン・ソンニョル)検察共和国の政治報復を強く糾弾する」と反発した。李代表は6日に出頭を求められ、野党第1党の代表が検察で記者団の砲列の前に立つことになる。

【写真】「戦争です」…側近からの携帯メールを確認する李在明代表

 民主党のパク・ソンジュン広報は同日午後、国会内で記者会見を開き、検察による出頭要求があったことを明らかにした。検察は城南市柏ヒョン洞の食品研究院跡地開発と関連し、李代表が昨年の国政監査やメディアとのインタビューなどで「朴槿恵(パク・クンヘ)政権下の国土交通部が城南市の公務員に用途変更を行うよう圧力をかけた」と発言したのは虚偽事実だとして問題視している。李代表は公職選挙法違反の疑いで告発され、京畿南部警察庁反腐敗経済犯罪捜査隊は8月26日、事件を水原地検城南支庁に送致した。

 パク広報は「司法機関の主張が間違っていることを示す事実が確認されたにもかかわらず、『無条件』で召喚を行っている」とし「到底納得し難い出頭要求だ」と述べた。パク広報はまた、「(尹大統領夫人の)金建希(キム・ゴンヒ)氏は、権力を握れば警察が自分の判断でやると言っていたが、警察だけでなく、検察までもが野党弾圧を行っている」とし、「尹錫悦大統領と競合した大統領候補、野党第1党代表に対する政治報復、野党を瓦解させようとする政治弾圧に対し、共に民主党は退くことはできない」と続けた。

 こうした中、同日午後、国会本会議場では李代表の携帯電話の画面がカメラに撮られた。 李代表側近のキム・ヒョンジ補佐官(元京畿道庁秘書官)から「議員の出席要求書が今届きました。 戦争です」というメールが届いたのを読んでいる場面だ。検察の出頭要請は納得できないという意味と受け取れ、与野党の対立が深まると予想される。

金隠仲(キム・ウンジュン)記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲李在明代表
  • 韓国検察、李在明代表に6日に出頭要求…民主党「野党弾圧、政治報復だ」

right

あわせて読みたい