献金・贈り物・セックス…世界の政界を席巻する中国スパイ、対韓工作の実態とは(第1回)

 「われわれが調査している中国共産党(CCP)のスパイ活動関連の件数は、2018年に比べ7倍に増えた。最近3年間でMI5の中国関連の事件処理能力は2倍に増加し、今後数年間でさらに2倍に拡大するだろう」

 これは7月6日、MI5本部があるロンドン市内のテムズ・ハウスでケン・マッカラムMI5長官が取材陣の前で語った言葉だ。MI5(Security Service、保安局)は英国の国内防諜(ぼうちょう)・情報機関。マッカラム長官はこの日、米国FBI(連邦捜査局)のクリストファー・レイ長官と、史上初となる英米情報機関トップ会談を行い、共同記者会見を開いた。

■「最近4年で英国内の中国スパイ事件は7倍に急増」

 FBIのレイ長官はこの席で「FBIはおよそ12時間置きに、中国に対する新たな防諜事件捜査に着手している」と語った。二人はCCPの動きについて「構図を変えてしまうもの(game-changing)」「絶大で、息をのむような(immense and breath-taking)」と表現した。CCPの活動は想像以上に緻密かつ脅威と言っているのだ。

 中国共産党の国内政治介入が各国で破裂音を響かせている。今年1月、英国MI5は議会の議員全員に、クリスティン・リー(Lee)という中国人女性弁護士の実名と写真入りの「保安局介入警報(Security Service Interference Alert)」を発令した。「中国海外親善協会(COFA)所属のこの人物は、中国共産党中央統一戦線工作部(UFWD)と連携して秘密活動を行ってきている」というのだ。

 BBC放送は「クリスティン・リーはバリー・ガーディナー労働党下院議員におよそ50万ポンド(現在のレートで約8100万円。以下同じ)を献金した。彼女は英国政界における中国批判を弱め、議会内の親中派拡大を図っている」と報じた。

 米国では2018年10月4日、マイク・ペンス副大統領(当時)がワシントン所在のシンクタンク「ハドソン研究所」のイベントで、中国について次のように語った。

「米国の政治システムを瓦解させて米国国内の政策や政治に介入するため、中国は力を用いている。(中略)中国が標的とする米国の郡の80%は、2016年の大統領選挙でトランプ大統領に入れたところだ。中国は連邦政府と州政府間の亀裂を活用しようと、米国の州や地方政府、当局者を狙っている」

 中国の活動は、現地メディアが長期にわたって追跡しなければならないほど隠密裏だ。米国のネットメディアAxiosは2020年12月8日、「1年間の取材の末、クリスティン・ファン(Fang)という20代後半から30代前半の中国政府機関所属の女性が、2011年から5年間にわたりサンフランシスコなどでエリック・スウォルウェル連邦下院議員(民主党)を含む主な政治家を相手に諜報活動を繰り広げていた事実を確認した」と報じた。

前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲豪チャールズスタート大学のクライブ・ハミルトン教授が書いた書籍の韓国語版。/写真=朝鮮日報DB
  • 献金・贈り物・セックス…世界の政界を席巻する中国スパイ、対韓工作の実態とは(第1回)

right

あわせて読みたい