ロサンゼルス市が「イカゲームの日」制定 「歴史を作ったドラマ」

【ロサンゼルス聯合ニュース】米ロサンゼルス市議会が米動画配信大手ネットフリックスのオリジナル韓国ドラマ「イカゲーム」の成果を記念し、毎年9月17日を「イカゲームの日(Squid Game Day)」と定める内容の決議案を先週採択した。韓国系のジョン・リー同市議が7日(現地時間)、伝えた。

 「イカゲーム」は借金を抱える人々が巨額の賞金と生き残りをかけてゲームに挑む物語で、9月17日はネットフリックスが昨年同ドラマを世界に公開した日だ。

 リー氏が提出したこの決議は、ネットフリックス史上最大のヒット作となった「イカゲーム」が韓国の文化と伝統を伝え、米国の映画、エンターテインメント業界でアジア・太平洋諸島系の声を強める成果を残したとうたっている。

 非英語圏のドラマとして初めて全米映画俳優組合(SAG)賞を受賞し、米テレビ界最高峰の栄誉とされるエミー賞で作品賞などにノミネートされたことを巡り、「イカゲームが歴史を作った」とも評価した。

 リー氏は聯合ニュースに「米国で特定のドラマなどをテーマにした公的な記念日を制定したのはおそらく初めてだろう」と語った。

 ロサンゼルス市は「イカゲームの日」制定を記念する行事を9日に市庁前で開催する。リー氏の議員室によると、ガーセッティ市長や同ドラマのファン・ドンヒョク監督、主演したイ・ジョンジェさんらが出席するという。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい