ソウルの小学4年生、18%は高血圧

新型コロナで健康状態悪化…中1で高血圧は16%、肥満・高血糖も急増
「子どもの肥満を放置すれば20-30代で生活習慣病の恐れ」

 新型コロナウイルスが流行して以降、ソウル地域の小中高生の肥満率が上がり、昨年の時点で小学4年生の5人に1人、中学1年生の6人に1人が高血圧であることが分かった。リモート授業やソーシャルディスタンスなどで活動量が減ったり、食習慣が変わったりしたことから小児・青少年の肥満率が上がっていることは以前の政府調査などでも分かっていたが、血圧・血糖・コレステロール・肝臓の数値など主要慢性疾患のリスク指標も共に悪化していることが明らかになったものだ。

 ソウル市教育庁が12日、国会保健福祉委員会所属の申賢栄(シン・ヒョンヨン)議員=共に民主党=に提出した2017-2021年児童・生徒健康検査資料によると、昨年のソウル市内の児童・生徒の肥満率は小学生19.5%、中学生19.4%、高校生23.6%だったとのことだ。これは、新型コロナ流行前の2019年と比べると、小学生で4.5ポイント、中学生で3.9ポイント、高校生で0.3ポイントの増加だった。小中高生のうち高血圧の割合は昨年14.3%で、2019年に比べ0.4ポイント上がったが、小学4年生(18.4%)で3.0ポイント、中学1年生(15.9%)で2.5ポイント増加した。東国大学医学部のオ・サンウ教授は「高血圧・高血糖などを放置すると生活習慣病になる時期が20-30代と早まってしまう」「小児・青少年の肥満が成人期まで続かないように管理しなければならない」と話す。

 今回の資料はソウル市内の小学1年生と4年生、中学1年生、高校1年生を対象に標本調査した結果だ。昨年は小学校31校(3939人)、中学校30校(2265人)、高校40校(2786人)が調査対象だった。小児・青少年の肥満とは、体格指数(BMI=体重kgを身長mの二乗で割った値)が性別・年齢別上位5%に属するケースを言う。また、収縮期血圧と拡張期血圧が性別・年齢別・身長に対して上位5%以内の場合、小児・青少年高血圧と診断される。

 調査の結果、肥満率が増加しただけでなく、糖尿・脂肪肝など生活習慣病の危険信号が現れている割合も著しく上がった。肥満の児童・生徒だけを対象に血液検査を行った結果、このうち高血糖(血糖126mg/dL以上)の割合は32.6%で、2019年に比べて11.4%も上がった。肥満の生徒のうち、高コレステロール血症(総コレステロール値200mg/dL以上)の割合は58.0%と同期間で8.4ポイント増、肝臓の数値の上昇(ASTまたはALT 45IU/L超)が見られた割合は18.7%で5.2ポイント上がった。

 この結果はソウル地域の児童・生徒に限定されているが、専門家らは新型コロナ流行時期の肥満増加が長期的に見て子どもたちの生活習慣病のリスクを高める可能性がある点を懸念している。疾病管理庁ではこれより前、昨年の全国中学・高校生の肥満率が男子生徒17.5%、女子生徒9.1%で、2019年と比べるとそれぞれ3.7ポイント、1ポイント上がったという調査結果を発表した。オ・サンウ教授は「このような指標が改善されず、10-20年間続けば、動脈硬化や糖尿病などに進むことになる」「放置すれば10-20年後の健康状態に大きな影響を与える恐れがある」と語った。その上で、「生活習慣指導などを通じて、成人よりも肥満状態を改善しやすい小児・青少年時期に肥満を解消できるようにしなければならない」と述べた。申賢栄議員は「小児肥満が成人の慢性疾患につながらないように、学校に対して健康関連プログラムを作り、定期的に病気を追跡・管理するなどの国の役割を強化すべきだ」と指摘した。

キム・ミンジョン記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲写真提供=UTOIMAGE

right

あわせて読みたい