ポーランド、韓国製FA50戦闘機48機の購入契約を締結…総額30億ドル

 ポーランド政府は16日(現地時間)、韓国製のFA50戦闘機48機をおよそ30億ドル(約4300億円)で購入する契約を締結した。韓国航空宇宙産業(KAI)はこの日、ポーランドのマゾビエツキでポーランド軍備庁とFA50戦闘機48機の輸出契約を締結したと発表した。今回の契約は今年7月27日に韓国の軍需企業3社とポーランド軍備庁が締結した「K武器3点セット」(K2戦車、K9自走砲、FA50軽攻撃機)の総括契約のうち、FA50戦闘機の輸出を実際に行うことを定めたものだ。先月にはK2戦車とK9自走砲の第1次契約を締結した。

【写真】離陸するFA50戦闘機

 この結果、K武器3点セットの第1次契約締結が順調に完了した。K武器3点セットの第1次輸出額は11兆8460億ウォン(約1兆2200億円)で、今後10年間に予定されている3回の額を全て合計すれば最終的な輸出額は25兆ウォン(約2兆6000億円)から最大で40兆ウォン(約4兆1000億円)に達する見通しで、これは韓国からの武器輸出では過去最大の規模となる。今回の輸出を足がかりにオーストラリア、UAE(アラブ首長国連邦)、サウジアラビアなどへの武器輸出にも弾みがつくとの見方もある。

 契約式にはポーランドからアンジェイ・ドゥダ大統領とマリウシ・ブワシュチャク副首相兼国防長官が出席し、防衛力強化に向けたポーランド政府の強い意志が示された。韓国防衛事業庁の関係者が伝えた。ポーランドはロシアと戦争中のウクライナと隣接しており、西側の自由民主主義諸国と共にさまざまな方面からウクライナを支援している。韓国からはKAIの姜求永(カン・グヨン)社長と防衛事業庁の厳東煥(オム・ドンファン)庁長が出席した。

 今回のFA50戦闘機輸出契約の締結は韓国の武器システムの競争力、さらには韓国政府と韓国軍・軍需企業による交渉の結実と評価されている。戦闘機1機の輸出は韓国の中型自動車1000台の輸出に匹敵する効果が得られるという。

ノ・ソクチョ記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲契約式で握手する韓国航空宇宙産業の姜求永(カン・グヨン)社長(右)とポーランドのマリウシュ・ブワシュチャク副首相兼国防長官。9月16日撮影。/防衛事業庁
  • ポーランド、韓国製FA50戦闘機48機の購入契約を締結…総額30億ドル

right

あわせて読みたい