尹大統領、米紙に「文前大統領は一人の友人に執着する学生のよう」「韓日関係は一括妥結方式で解決」

米紙がインタビュー記事を掲載
「韓日関係はグランドバーゲン方式で解決する」
「北核抑制にあらゆるパッケージを動員」

 米ニューヨーク・タイムズは18日付で尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領のインタビュー記事を掲載した。その中で尹大統領は文在寅(ムン・ジェイン)前大統領について「教室で一人の友達(北朝鮮)だけに執着する生徒のように見えた」と述べた。尹大統領はこれまで、文在寅政権当時に行われた南北首脳会談について「政治的なショー」と評価してきたとニューヨーク・タイムズは紹介した。

【写真】ロンドン・スタンステッド空港に到着した尹大統領夫妻

 インタビューで尹大統領は「北朝鮮の挑発を押さえ込むため強固な韓米同盟を基盤とする拡張抑止を強化することに解決策を見いだしたい」「拡張抑止には有事における米国の核兵器使用などあらゆるパッケージが総体的に含まれている」と説明した。尹大統領はさらに「北核ミサイルに対抗し、北東アジアの安全保障と平和を守るために韓米日3カ国の安保協力が必要であれば、これを避けるべき理由はない」との考えも示した。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長については「合理的な選択(非核化)をすれば国際社会はある程度ドアを開き、北朝鮮は経済的な支援を受けられるだろう」と述べた。

 外交政策について尹大統領は前政権との違いを強調した。尹大統領は「文在寅政権は米国と中国の間で曖昧な態度をとり続けた」と指摘した上で「韓国は米中関係において予測可能性を重視し、より明確な態度を示すだろう」との考えを示した。これについてニューヨーク・タイムズは「尹大統領は韓米連合軍事訓練を再開し、米国主導のインド・太平洋経済枠組み(IPEF)に合流した」と紹介した。THAAD(高高度ミサイル防衛システム)問題について尹大統領は「韓国の国防システムは中国を念頭に置いたものではなく、全面的に北朝鮮の脅威に対処するためだ」「韓国の主権に属する内容のため、妥協の対象にはならない」と明言した。また韓日関係については「グランドバーゲン(一括妥結)方式で未来志向的に解決していかねばならない」と述べた。

 これに関連し、文前大統領は9・19南北軍事合意4周年を翌日に控えたこの日「南北合意は政府が変わっても当然尊重し、履行すべき約束だ」「合意を遵守するために南北が共に努力すべきだ」とコメントした。

キム・ドンハ記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲オープンカーに乗って平壌市内をパレードし、市民に手を振る文在寅大統領と北朝鮮の金正恩国務委員長。2018年9月18日午前撮影。/平壌写真共同取材団

right

あわせて読みたい