尹大統領 岸田首相と30分間略式会談=関係改善で一致

尹大統領 岸田首相と30分間略式会談=関係改善で一致

【ニューヨーク聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領と岸田文雄首相は21日(現地時間)、米ニューヨークで会談した。両首脳は国連総会に出席するため米国を訪問している。

 韓日首脳会談が行われるのは中国で開催された韓中日首脳会談に合わせて当時の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と安倍晋三首相が会談した2019年12月以来となる。

 会談は約30分間、議題を定めず議論する略式会談の形で行われた。

 韓国大統領室は「両国首脳は懸案を解決して両国関係を改善する必要性に共感し、このため外交当局間の対話を加速させることを外交当局に指示し、引き続き協議していくことで一致した」として、「両首脳は首脳間の意思疎通も続けていくことにした」と明らかにした。

 北朝鮮の核問題については、「核武力の法制化、7回目の核実験の可能性など北の核計画に対する深刻な憂慮を共有し、これに対応するため国際社会と緊密に協力していくことで一致した」と説明。「自由民主主義や人権、法治などお互いが共有している普遍的な価値を守っていくため、両国が国際社会と連携していくことにも共感し、協力していくことで合意した」と明らかにした。

 大統領室関係者は「目に見える成果を出すための第一歩を踏み出した」として、「韓日の間にはさまざまな対立があるが、両首脳が会って解決に向けた第一歩を踏み出したことに大きな意味がある」と述べた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • 尹大統領 岸田首相と30分間略式会談=関係改善で一致

right

あわせて読みたい