再び梁香子議員を訪ねた中国の駐韓大使「中国含めた『チップ5』ではダメなのか」

 中国のケイ海明・駐韓大使(ケイは刑のつくりをおおざと)が20日、韓国与党・国民の力で半導体特別委員長を務め、現在は無所属の梁香子(ヤン・ヒャンジャ)国会議員を訪ねた。韓国、米国、日本、台湾による半導体協議体「チップ4」の進展状況を質問し、韓国の参加に反対意向を示したもようだ。米国が主導するサプライチェーン構築に対する不快感を隠さなかった格好だ。

 ケイ大使は同日午後、国会議員会館にある梁議員の事務所を訪れた。7月26日に初めて会談して以来2ヵ月ぶりだ。今回の会談はケイ大使の要望で行われた。中国の普洱(プーアル)茶を持ってきて、「議員に半導体を学びに来ました」とあいさつしたという。しかし、会談が始まると、今月初めに予定されていた実務レベルの予備会合が延期された理由など、チップ4の具体的な進展状況に大きな関心を示したという。

 ケイ大使は米国主導のチップ4が事実上中国を狙い撃ちにしている状況に対する懸念を述べ、「韓国は加わらなければならないのか」「中国も参加するチップ5に拡大してはどうか」などと発言したとされる。率直な口調でチップ4に不快感を表明したものだが、最近米議会によるインフレ抑制法制定で韓国製の電気自動車(EV)が補助金を受けられなくなった状況にまで言及し、「いつかは韓国の半導体産業も制裁を受ける可能性がある」と述べたという。

 これに対し、梁議員は韓国の半導体産業は重要技術で米国への依存度が高く、サプライチェーンが混乱する中で米国との戦略的同盟の強化が必要な状況を説明し、チップ4加入は避けられないとの認識を示したという。梁議員は「個人的な親交もあり、今の状況がもどかしくて訪ねてきたようだ。雰囲気は和やかで、韓国側の懸念を十分理解しているように見えた」と話した。安全保障関連官庁の関係者は「最近、中国側はチップ4など経済安保と先端技術で韓米が密着する状況を強く意識している」と指摘した。

キム・ウンジュン記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲中国の邢海明駐韓大使(左から3番目)が梁香子議員を訪ね、話を交わしている。/梁議員事務所

right

あわせて読みたい