尹政権で韓日関係に大きな変化 韓国与党トップ

【ソウル聯合ニュース】韓国の与党「国民の力」トップの鄭鎮碩(チョン・ジンソク)非常対策委員長は22日の非常対策委員会で、米ニューヨークで尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領と岸田文雄首相が会談したことについて、「尹政権発足後、韓日関係に大きな変化が起きている」との認識を示した。

 韓日議員連盟の会長を務める鄭氏は韓悳洙(ハン・ドクス)首相と共に安倍晋三元首相の国葬に出席し、岸田首相をはじめ、国葬に参列するため日本を訪問するハリス米副大統領と面会する予定だ。

 鄭氏は「林外相の(尹)大統領就任式出席、金浦―羽田航空路線再開、日本入国時の隔離免除など、数年間冷え込んでいた両国関係に温かい風が吹いている」と強調。「両国の間には懸案も残っている」としながら、「しかし、このようなときこそ違う意見や対立はしばらく置いておき、共通の利益を追求する姿勢を持たなければならない」と述べた。

 野党などが尹大統領の今回の歴訪について「外交惨事」になったと批判していることに関しては、「野党の立場から批判はできる」としながらも、「だが最低限の品格と礼儀は守らなければならない」と指摘した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい