ビザなし日本入国に韓国で高まる期待感「日本ツアー予約率2400%増」

ビザなし日本入国に韓国で高まる期待感「日本ツアー予約率2400%増」

 【NEWSIS】日本政府が来月から外国人の入国ビザ免除および個人旅行受け入れを前向きに検討する方針を発表したことから、韓国で日本行きの旅行の予約率が急増している。

 韓国の旅行業界関係者が22日に明らかにしたところによると、今月に入ってから日本行きツアーの予約が急増しているという。大手旅行会社のモドゥツアーは9月1日から20日までの日本行きツアー予約率が前月同期間に比べ2400%増加したとしている。

 同じく大手旅行会社ハナツアーの9月1日から20日までの一日平均海外旅行予約は前月比で172.3%の増加だったが、日本行きツアーの予約は同期間で801.8%増だった。旅行会社チャムチョウンヨヘン(本当にいい旅行)でも9月1日から20日までの日本行きツアー予約者は4096人で、前月同期間の予約者数(1820人)に比べ125%増加した。

 旅行会社を通じた旅行も人気だが、個人旅行が許可される見通しとなり、個人で航空券やホテルなどを予約する件数も増加しているようだ。

 チケットサイトのインターパークが運営する旅行プラットフォームのトリプル(TRIPLE)は「日本政府が今月12日、入国ビザ免除および個人旅行解禁を検討していることを発表して以降、日本行きの需要が急激な伸びを見せている」と明らかにした。

 トリプルで今月13日から19日までの7日間における日本ツアー照会数は前週より195%増加したことが分かった。特に航空は363%、ホテルは446%、入場券・パスは50%増えていた。

 日本政府は12日、来月から一日入国者数の上限を撤廃し、入国ビザ免除や個人旅行受け入れを前向きに検討すると明らかにした。日本は新型コロナウィルスの流行が始まった2020年3月から外国人の観光目的の入国を禁止するなど、水際対策として入国を厳しく制限してきた。

 その後、今年7月から外国人の団体観光を受け入れ始めたが、入国者数を一日上限2万人と定めるなど、人数を規制してきた。現在は一日入国者数の上限を5万人に増やし、添乗員のいない団体観光を許可したが、依然として個人旅行は許可しておらず、観光ビザを発行してもらわなければならないなど制約が大きいのが現状だ。

前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • ビザなし日本入国に韓国で高まる期待感「日本ツアー予約率2400%増」

right

あわせて読みたい