韓国ウォン 対ドルで1430ウォン突破=年内はウォン安継続か

【ソウル聯合ニュース】26日のソウル外国為替市場で、韓国通貨ウォンは前営業日比22.0ウォン安の1ドル=1431.3ウォンで取引を終えた。1ドル=1430ウォンを超えたのは、2009年3月17日(取引時間中の最高値で1436.0ウォン)以来約13年6カ月ぶり。

 ウォンの対ドル相場はこの日、前営業日比9.7ウォン安の1ドル=1419.0ウォンで取引を開始した後、1420ウォンを超え、午後に入り1430ウォンを突破。一時、1ドル=1434.8ウォンまでウォン安が進んだ。

 米連邦準備理事会(FRB)が0.75%の利上げを年内にもう1度行う可能性が有力視されていることに加え、英通貨ポンドが対ドルで大幅なポンド安となっており、外国為替市場におけるドル高が勢いを増している。

 ドル高の材料が並ぶ中、ウォン安の流れが年内に変わるのは難しいとみられている。

 ハナ銀行の担当者は当局の調整により、ウォン安の勢いを鈍らせることはできるが、年内に流れ自体を変えるのは容易ではないとの見方を示した。

 またきょうの相場の推移から、10月までに1ドル=1450ウォンを超える可能性も排除できず、FRBの基調変更などがなければ1500ウォンを超える可能性もあると指摘した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい