ハリス米副大統領、29日に非武装地帯訪問へ…「韓米同盟の力を示す」

 29日に来韓するカマラ・ハリス米副大統領が、非武装地帯(DMZ)を訪問することが分かった。ロイター通信が27日(現地時間)、報じた。

 ロイター通信によると、米ホワイトハウスがハリス副大統領のDMZ訪問を公式に発表した。ホワイトハウスの関係者は「休戦からほぼ70年が過ぎた今、今回の訪問は北朝鮮によるいかなる脅威にも屈しないという韓米同盟の力を強調することになるだろう」と述べた。

 27日午前、東京でハリス副大統領と会談した韓国の韓悳洙(ハンドクス)首相は、会談の冒頭発言で「韓国政府と韓国国民はハリス副大統領に直接会えることを非常に楽しみにしている」とした上で「非武装地帯(DMZ)訪問は、韓半島の安全保障と平和に対する強い意志を示すものになる」と述べた。

 ホワイトハウスによると、ハリス副大統領はDMZを訪問した後、在韓米軍の指揮官と会って作戦に関するブリーフィングを受ける予定だ。ホワイトハウス側は「韓米の将兵たちの犠牲をたたえるとともに、韓国の防衛に関する米国の強固な約束をあらためて確認するだろう」と説明した。

ペク・スジン記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい