入国後のPCR検査義務 10月1日から廃止=韓国

【ソウル聯合ニュース】韓国政府が、新型コロナウイルス対策として海外からの入国者に義務付けている入国後1日以内のPCR検査を来月1日から廃止する。中央災難(災害)安全対策本部の李基日(イ・ギイル)第1総括調整官(保健福祉部第2次官)が30日、同本部の会議で発表した。

 韓国は6月8日にワクチン未接種者を含め全ての入国者に対し入国後の隔離義務を解除し、9月3日からは入国前の検査義務もなくした。10月1日から入国後の検査義務を廃止することで、入国者に対する新型コロナの防疫措置が全てなくなる。

 李氏は、海外からの入国者のうち感染が確認された割合が8月の1.3%から9月は0.9%とさらに低下したことや、主流となっているオミクロン株派生型「BA.5」の致死率が低いことを踏まえた決定だと説明した。ただ、致死率の高い変異株が確認されるなどして入国管理の強化が必要になった場合は検査義務の再導入を検討するとしている。

 一方、政府は新型コロナの再流行を受けて7月25日から制限していた療養型病院や療養施設での対面での面会について、来月4日から認めると明らかにした。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい