韓国の新規コロナ感染者2万8497人 金曜発表で12週ぶり低水準

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は30日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から2万8497人増え、累計2476万9101人になったと発表した。新規感染者数は前日(3万881人)より2384人少なく、金曜日に発表される新規感染者数としては7月8日(1万9295人)以来12週ぶりの低水準となった。

 新規感染者数は1週間前の23日(2万9097人)と同水準で、2週間前の16日(5万1850人)比では2万3353人少なかった。

 この日の新規感染者のうち海外からの入国者は276人で、前日より24人多い。市中感染者は2万8221人。

 同日発表された重症者数は352人で前日より11人少なく、8月8日(324人)以来の低水準となった。

 新たな死者は前日より4人少ない42人だった。死者の累計は2万8406人。

 中央災難(災害)安全対策本部は30日の会議で、海外からの入国者に義務付けている入国後1日以内のPCR検査を来月1日から廃止することを決定した。これにより、入国者に対する新型コロナの防疫措置が全てなくなる。

 また、新型コロナの再流行を受けて7月25日から制限していた療養型病院や療養施設での対面での面会についても来月4日から認めることを決めた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい