【コラム】ハンファ・イーグルスのファンとして生きるということ

勝つ日よりも負ける日の方が多く、失望と嘲弄(ちょうろう)に耐えること
生きるためにもがく「最下位」よ、お前を応援することで人生を学ぶ

【コラム】ハンファ・イーグルスのファンとして生きるということ

 韓国プロ野球のハンファ・イーグルスのファンとして生きるということは、勝つ日よりも負ける日の方がはるかに多いということを意味している。収穫の季節に手ぶらで家に帰るということだ。KBO(韓国プロ野球)リーグ所属の10チームのうち5チームが参戦する「秋の野球」に招待されない、という意味だ。「唐辛子部隊」(他のチームの足かせとなるの意)と呼ばれる、という意味だ。ロッカールームから荷物を取り出す準備をし、照明塔の電気を早く消さなければならないという意味だ。

 43勝85敗2分け。9月19日現在、ハンファ・イーグルスの通算成績だ。勝率は3割3分6厘だ。一応言っておくが、打率ではなく勝率だ。3連戦のうち2試合で泣き、1試合でようやく笑うというわけだ。1勝2敗を「ルージング・シリーズ(losing series)」という。イーグルスはシーズン中、ルージング、ルージング、ルージングの行進曲を口ずさんできた。これほど負ければ、敗北という言葉に対して不感症にでもなりそうなものだが、とんでもない。毎回他のチームを悩ませる。だから腹が立つ。

 勝率6割4分6厘を誇るSSGランダースのファンたちは到底実感できないだろう。2009年から21年まで最下位を実に7回。11年ぶりにポストシーズンに進出した2018年を除けば、イーグルスはずっと下流の人生を歩んできた。やがては陰地が陽地になり、陽地が陰地になるとは言うが、毎年底をはうシーズンに徹した。「野神」こと金星根(キム・ソングン)監督が、泣いてチームを離れたほどだ。選手育成も、先行きは不透明だ。

 ハンファ・イーグルスのファンとして生きるということは、侮辱と冷遇に耐えるということを意味している。残りの9チームは、われわれのことをいつでも捕まえられる獲物だと思っている。「栄養を付けるためにチキンを食べよう」という嘲笑(ちょうしょう)が、まるで歌謡曲のサビであるかのように聞こえてくる。天も哀れむことを知らないのか、イーグルス(ワシ)は翼があるのに、なぜ飛べないニワトリへと転落してしまったのか。

 何気なく「イーグルスのファンだ」と言えば、「えっ、何かあったんですか」と真顔で心配される。質問してくる人の本音は、「かわいそうに」「いちずなんだね」「それは興味深いね」のうち一つだ。なんだかスイングもせずに三振を取られたようで悔しいため、歯を食いしばって応酬する。実は故郷が忠清道で、幼い頃からホームチームだったと。1999年10月には優勝の喜びを抱かせてくれた最愛のチームだと。成績が振るわないからといって、年老いた最愛のチームを見捨て、他のチームに乗り換えるわけにはいかないじゃないか、と応戦するのだ。

前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 【コラム】ハンファ・イーグルスのファンとして生きるということ

right

あわせて読みたい