今年の防衛産業輸出200億ドル超も 豪やマレーシアと契約なら=韓国

今年の防衛産業輸出200億ドル超も 豪やマレーシアと契約なら=韓国

【ソウル聯合ニュース】韓国のシンクタンク、産業研究院が3日発表した報告書によると、韓国が年内にオーストラリアやマレーシア、ノルウェーなどと兵器の輸出契約を締結した場合、今年の防衛産業の輸出額は200億ドル(約2兆9000億円)を上回る可能性がある。

 韓国の防衛産業輸出額はこの10年間、年20億~30億ドル程度にとどまっていたが、世界の安全保障環境の変化に伴う兵器需要増で昨年は過去最高の72億5000万ドルを記録した。今年はすでにこれを超え、100億ドルを突破している。

 報告書は、かつてはアジアと北米が中心だった韓国の兵器輸出先が中東、欧州、中南米、オセアニア、アフリカにまで拡大しつつあるとし、輸出製品も従来の弾薬や艦艇だけでなく戦車などの機動兵器、火力兵器、航空機、誘導兵器などに多角化していると分析する。

 韓国は今年7月、ポーランドから戦車K2、装甲車、戦闘機FA50など10兆ウォン(約1兆円)以上の大規模輸出受注に成功した。当面は好調な受注が続く見通しだ。

 年末までにオーストラリアと装甲車レッドバック(50億~75億ドル)、マレーシアとFA50(7億ドル)、ノルウェーとK2(17億ドル)、エジプトとK2(10億~20億ドル)などの輸出契約を締結できれば、年間輸出額200億ドル達成も可能と見込まれる。

 報告書は一方で、韓国の防衛産業輸出の支援制度は依然として先進国レベルに達していないとして、改善の必要性も指摘している。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • 今年の防衛産業輸出200億ドル超も 豪やマレーシアと契約なら=韓国

right

あわせて読みたい