米韓の戦闘機、イラク戦争用の直撃弾2発を黄海に投下…北のミサイル挑発に対抗

米韓の戦闘機、イラク戦争用の直撃弾2発を黄海に投下…北のミサイル挑発に対抗

 韓米が4日、北朝鮮のミサイル挑発への対抗措置として、戦闘機を出撃させ、西海(黄海)海上に統合直接攻撃弾(JDAM)2発を投下した。

 韓国合同参謀本部が同日午後、発表した。韓米合同の精密爆撃訓練として実施したという。合同参謀本部は「今回の飛行では、韓国空軍のF15Kが4機と米空軍のF16戦闘機4機が参加し、韓国空軍のF15Kが仮想標的に対してJDAM2発を発射する精密爆撃訓練を実施した」と発表した。北朝鮮の弾道ミサイルによる挑発に対し、韓米も武力で対抗した格好だ。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • 米韓の戦闘機、イラク戦争用の直撃弾2発を黄海に投下…北のミサイル挑発に対抗

right

あわせて読みたい