インフレ削減法の影響? 現代・起亜自動車EV、米市場で販売台数減

9月は前月比14%減の1306台
供給難や新車不足などが影響か
インフレ削減法が本格化すればさらに悪化するとの見方も

 米国における現代自動車グループの9月の電気自動車販売が前月比10%以上のマイナスを記録したことがわかった。アイオニック5やEV6の新車効果が薄れ、これに加えて半導体不足に伴う製造の遅れなどが影響したようだ。完成車業界では「米国で製造された車だけが補助金対象となるインフレ削減法の影響が本格化した場合、販売の減少幅はさらに大きくなるのでは」との見方も出ている。

 現代自動車米国販売法人は3日(現地時間)、9月の電気自動車アイオニック5の販売台数が1306台だったと発表した。これは8月(1517台)に比べて14%減、7月よりも34%少なかった。起亜自の電気自動車EV6も9月に1440台が売れたが、これは8月(1840台)よりも22%減、7月(1776台)よりも22%の減少だった。現代自の関係者は「今年はじめの時点で2000-3000台売れていたこれら2車種の新車効果が薄れ、さらにサプライチェーン問題に伴う新車の供給不足なども複合的に影響した」との見方を示した。実際にこの期間は供給不足などの影響で電気自動車だけでなくガソリン車も販売台数が減った。米国市場における9月の現代自と起亜自の販売台数は全体で12万642台だった。これは8月(13万5526台)に比べて約11%のマイナスだった。

 10-12月期からは今年8月16日に成立したインフレ削減法の影響も本格的に出てくるとの見方もある。9月の統計への影響は限定的だったが、年末以降はインフレ削減法に伴う販売の減少が目に見えて出てくるというのだ。実際に11月に中間選挙を控えたバイデン政権と民主党はインフレ削減法を大きな成果として宣伝している。アイオニック5もEV6も韓国で製造され輸出されているため、1台あたり最大で7500ドル(約108万円)に達する補助金の対象になっていない。

 一方で米国を含む現代自の9月の世界販売は前年同月比で24.4%増の35万5040台、起亜自は11%増の24万9146台だった。韓国メーカーの中で特に業績が良かったのは双竜自動車だった。双竜自は前年同月比で90.3%増の1万1322台を販売し、2020年12月以来21カ月ぶりに月間の最大販売台数を記録したという。特にトーレスが人気で韓国国内だけで7675台が売れたことが影響した。韓国GMも前年同月比で77.6%増、ルノーコリアも28.3%増を記録したと発表した。

キム・アサ記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲電気自動車アイオニック5/写真提供=現代自動車

right

あわせて読みたい