韓国首相 在外同胞庁の新設に意欲「国会と協力して法整備」 

韓国首相 在外同胞庁の新設に意欲「国会と協力して法整備」 

【ソウル聯合ニュース】韓国の韓悳洙(ハン・ドクス)首相は5日、各地の韓国系コミュニティーの宿願である「在外同胞庁」の新設を新政権の国政課題として推進しているとし、「関連法の整備に向け国会と積極的に協議していく」と述べた。

 この日ソウル近郊、仁川の松島コンベンシアで開かれた「世界韓人の日」記念式典の祝辞のなかで表明した。

 韓氏は「韓国がグローバル中枢国家に飛躍するためには730万人の在外同胞の皆さんの支持と愛情が重要だ」とし「政府は在外同胞が韓民族のアイデンティティーを維持し、わが国民と共にグローバル世界市民に成長できるよう在外同胞政策を用意していく」と強調した。

 韓氏はまた、韓国政府が2030年国際博覧会(万博)の釜山誘致に向け最善を尽くしているとし、関心と支援を求めた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • 韓国首相 在外同胞庁の新設に意欲「国会と協力して法整備」 

right

あわせて読みたい