「韓米日訓練は親日」李在明代表の主張に韓国与党「盧武鉉政権時には自衛隊が仁川入港」

「韓米日訓練は親日」李在明代表の主張に韓国与党「盧武鉉政権時には自衛隊が仁川入港」

 韓国野党・共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)代表は7日、北朝鮮の挑発に対抗して行われた韓国・米国・日本による軍事訓練について「極端な親日国防」と主張したが、これに対して与党・国民の力の朴大出(パク・テチュル)議員は盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権当時の2007年に日本の海上自衛隊艦艇が仁川港に入港した事実を取り上げ「ネウナムチン(自分がやれば友好、他人がやれば親日)だ」と批判した。

【写真】旭日旗を掲揚して仁川港に入港した海上自衛隊練習艦かしま(2007年9月)

 朴議員はこの日「盧武鉉政権も親日国防ですか?」という題目でフェイスブックに投稿し上記のように指摘した。朴議員は「李在明代表は韓米日訓練を『極端な親日行為』と罵倒している」とした上で「またも時代遅れの親日売人か」と反論した。朴議員はさらに「親日売人はもうけの出る商売と考えたのだろうが、とんだ見当違いだ」「ネウナムチンではないか」と逆に李代表を批判した。

 2007年9月の盧武鉉政権当時、海上自衛隊の艦隊が韓国の仁川港に入港したが、朴議員はこの事実について「当時は『旭日旗を掲揚した』日本の海上自衛隊戦闘艦2隻を含む3隻の艦艇が仁川港に入港し、埠頭に接岸までした」「韓国海軍の仁川海域防御司令官は旭日旗が掲揚された日本の艦艇に乗り込み、自衛隊将兵たちから敬礼を受けた」「韓国海軍の(駆逐艦)乙支文徳、済州、栄州と戦術機動訓練も行った」と明らかにした。

 実際に日本の海上自衛隊所属艦艇は盧武鉉政権当時の2007年9月12日、韓国海軍の仁川海域防御司令部との親善行事のため仁川港に入港していた。記録によると、当時入港したのは海上自衛隊の練習艦かしま(4050トン)、護衛艦さわぎり(3500トン)、護衛艦しまゆき(3050トン)の3隻だった。仁川海域防御司令部の金英煥(キム・ヨンファン)司令官(当時)は旭日旗が掲揚された練習艦かしまに乗船し査閲した。

 朴議員は「これは盧武鉉政権当時のことだ」とした上で「日本との訓練が親日国防であれば、自衛隊を仁川に入港させた盧武鉉政権はどうなるのか」と指摘した。

 李代表は以前の最高委員会でも北朝鮮の挑発に対抗する韓米日軍事訓練について「なぜよりによって独島近海まで来て韓米日軍事合同訓練を行うのか」「国防惨事であり、これこそ極端な親日行為、極端な親日国防だ」と発言していた。

チェ・ヘスン記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • 「韓米日訓練は親日」李在明代表の主張に韓国与党「盧武鉉政権時には自衛隊が仁川入港」
  • 「韓米日訓練は親日」李在明代表の主張に韓国与党「盧武鉉政権時には自衛隊が仁川入港」

right

あわせて読みたい