サムスン電子、「半導体世界首位」陥落…台湾TSMCに逆転される

 今年第3四半期(7-9月)には台湾積体電路製造(TSMC)が世界最大の半導体企業に浮上する見通しだ。ファウンドリー(半導体受託生産)企業であるTSMCが、米インテル、サムスン電子を抜き、四半期業績で売上高がトップになるのは今回が初めてで、世界の半導体業界地図の変化を端的に示している。今年は通年でもTSMCの首位が確実視されている。サムスン電子の主力製品であるメモリー半導体は急激な需要減少に見舞われているが、TSMCのファウンドリー需要は依然として堅調に成長している。半導体業界関係者は「電気自動車(EV)、自動運転車、人工知能(AI)などオーダーメード型半導体が必要な分野が急増し、ファウンドリー業界首位が世界半導体業界首位に浮上し、市場を揺るがしている」と話した。

 TSMCは7日、第3四半期の売上高が前年同期比48%増の6131億4300万台湾元(約2兆8100億円)だったと発表した。 同じ日に第3四半期業績の速報値を発表したサムスン電子は、半導体部門の個別の売上高を明らかにしていないが、韓国の証券会社はサムスンの半導体売上高を24兆7050億-25兆5230億ウォン(約2兆5300億-2兆6,000億円)と推定した。米インテルの売上高は154億9000万ドル(約2兆2950億円)の売上を記録するものと予想される。

 世界半導体市場の王座は、サムスン電子とインテルによる争いだった。サムスン電子はメモリー、インテルはシステム半導体分野のトップだ。インテルは1992年から売上高ベースで首位を守り、サムスン電子は2017年メモリーの好況を追い風にして首位を立った。サムスンは18年インテルにその座を譲ったが、昨年再び首位を奪還した。半導体専門家である韓国科学技術院(KAIST)の金楨浩(キム・ジョンホ)教授は「TSMCの成長が業界予想よりはるかに急だ。世界半導体市場の中心軸がメモリーからファウンドリーへと急激に変化していることを示している」と話した。

李伐チャン(イ・ボルチャン)記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
あわせて読みたい