共に民主・李在明代表の主張に与党トップ「朝鮮は日本と戦争していない」「内側から腐って滅びた」

 韓国与党・国民の力のトップ、鄭鎮碩(チョン・ジンソク)非常対策委員長が11日、「朝鮮は内側から腐って崩れ落ち、それで滅びた。日本は朝鮮王朝と戦争をしたことがない」と発言したことをめぐって「歴史観」論争が降ってわいた。

【写真】ソウル市内のスーパーに設置された「ポケモンガオーレ」前に並ぶ人たち

 これは、鄭鎮碩委員長が同日午前、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「フェイスブック」で、野党・共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)代表による「旭日旗韓半島(朝鮮半島)進駐」発言を批判した際、「朝鮮はなぜ滅びたのだろうか。日本軍の侵略で滅びたのだろうか」とした上で発した言葉だ。そして、旧韓末(朝鮮時代末期から大韓帝国までの時期)と現在の大韓民国の国力を比較した上で、「『日本と海上訓練をしたら旭日旗を掲げた日本軍が我が国の領土に進駐する。旧韓末のような状況が起こる」という李在明代表の主張に、韓国の若者たちは果たして共感するだろうか」と書いた。鄭鎮碩委員長はまた、「軽薄な歴史認識で国民を惑わさないでほしい」「国民に約束する。大韓民国が主権を手放す状況でなければ、日本軍の韓国駐屯は許されないだろう」とも述べた。

 共に民主党は鄭鎮碩委員長の投稿のうち、「朝鮮は日本軍の侵略で滅びたのではない」という部分に対して、「植民史観だ」と批判した。国権侵奪の責任を日帝(帝国主義の日本)ではなく、無能だった朝鮮のせいにする歴史観を示したという意味だ。同党の朴洪根(パク・ホングン)院内代表は「これは浅はかな親日歴史意識であり、執権与党の代表として歴史的な妄言だ」と言った。安敏錫(アン・ミンソク)議員は「日本の極右論理を正当化する議員は直ちに除名しなければならない」と述べた。

 与党・国民の力の劉承ミン(ユ・スンミン)元議員も同日、フェイスブックで「李在明のわなに引っかかった浅はかな発言だ」「鄭鎮碩委員長は即刻、妄言に対して国民に謝罪し、非常対策委員長の職から退くよう強く要求する」と言った。劉承ミン元議員に近い金雄(キム・ウン)議員も「(鄭鎮碩委員長の発言は)典型的な加害者の論理だ」と言った。

 野党だけでなく与党の一部からも批判が相次ぐと、鄭鎮碩委員長は同日午後、フェイスブックで「戦争を一度もできず、対抗もできずに国を奪われたということだ」と反論した。その上で、「朝鮮という国家共同体は重病になり、力がなく亡国の悲哀を味わったのだ」「このような話をしたからと言って私を『親日派』『植民史観を持った人』だと攻撃する。論評の本質を歪曲(わいきょく)し、ごまかす。あきれたことだ」と述べた。

キム・スンジェ記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲写真=鄭鎮碩(チョン・ジンソク)非常対策委員長/NEWSIS

right

あわせて読みたい