日本人のビザ免除措置 11月から全面再開の見通し=韓国

【ソウル聯合ニュース】韓国政府が日本などからの査証(ビザ)なしでの短期滞在を認める措置を11月から全面的に再開する方向で調整していることが17日、分かった。今週にも正式に発表する。

 韓国当局関係者は聯合ニュースの取材に対し、「日本が今月に新型コロナの水際対策を緩和し、韓国などからのビザなし入国を再開した。相互主義の原則から日本からのビザなし入国を全面再開する方向で調整している」と話した。 

 韓国は2020年3月に日本が新型コロナウイルス感染拡大で入国制限措置を取ったことを受け、日本からのビザなし入国を停止したが、観光客誘致のため、日本・台湾・マカオからのビザなし入国を8月限定で実施。その後10月31日まで延長した。しかし、11月以降もビザなしになるかどうかは明らかになっておらず、韓国旅行を計画する日本人らからは不安の声が出ている。

 横浜在住の40代の男性は「家族みんなで11月に韓国旅行を予定している。航空券とホテルは予約済みだが、ビザ問題がはっきりせず、困っている。時間があまりないので、早く発表してほしい。韓国旅行を計画している日本人はみんなそう思っているはずだ」と話した。

 ビザ免除措置が全面再開となれば、韓国への旅行が本格的に活性化するとみられる。日本・台湾・マカオ対象のビザ免除により8月に韓国を訪問した外国人は31万945人で、前年同月比3.2倍に増加。日本人観光客は2万6482人と11.7倍に急増している。 

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい