世界の韓流ファン1.5億人超 中国が55%占め1位=日本27位

【ソウル聯合ニュース】韓流に関する同好会の会員数が最も多い国・地域は中国で全体の55%に上り、2位の米国が10.7%、3位のタイが9.5%を占めていることが分かった。韓国国際交流財団が26日までに伝えた。

 同財団が3月に発刊した世界の韓流に関する報告書によると、2021年時点で韓流の同好会は世界で1470あり、会員数は計1億5660万人に上るという。

 108カ国・地域にある韓流同好会の会員数は中国が8632万人で全体の55%を占めた。以下、米国が1669万人(10.7%)、タイが1480万人(9.5%)、ロシアが569万8000人(3.6%)、アルゼンチンが428万6000人(2.7%)、ベトナムが412万3000人(2.6%)と続いた。

 7位から15位は台湾、カナダ、ブラジル、インド、フィリピン、ペルー、マレーシア、チリ、メキシコの順で、会員数は100万~200万人台だった。日本は34万3000人で27位だった。

 報告書は、中国、日本、香港、台湾など北東アジアから始まった韓流ブームはベトナム、タイ、マレーシア、シンガポールなど東南アジアに広がり、数年前からSNS(交流サイト)の影響で欧州、北米、南米などに広がったと分析している。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲韓流同好会の会員数を示すグラフ。上から中国、米国、タイ、ロシア、アルゼンチンの順になっている(韓国国際交流財団ウェブサイトより)=(聯合ニュース)

right

あわせて読みたい