ソウル転倒事故 韓国外交部が緊急会議=日本人の被害は確認されず 

ソウル転倒事故 韓国外交部が緊急会議=日本人の被害は確認されず 

【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウルの繁華街、梨泰院で29日夜、ハロウィーンイベントに押し寄せた多数の人が転倒し、多くの死傷者が出た事故について、朴振(パク・ジン)外交部長官は30日午前、緊急状況点検対策会議を開いた。

 消防当局によると、30日午前6時現在、149人が死亡し、76人が負傷した。外国人の死者は2人、負傷者は15人だった。在韓日本大使館によると、30日朝までに日本人が事故に巻き込まれたという情報はない。

 朴氏は事故の死傷者に外国人が含まれていることを受け、当該国の在韓大使館に関連情報を伝えるなど必要な措置を取るよう指示した。

 外交部は「外国人の死傷者に関連し、必要な措置が迅速に行われるよう取り組む」との方針を明らかにした。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • ソウル転倒事故 韓国外交部が緊急会議=日本人の被害は確認されず 

right

あわせて読みたい