梨泰院雑踏事故:「2017年は一方通行にして事故防止」…韓国ネットに出回るうわさをファクトチェック

所轄警察・区役所「そんなことはない」

梨泰院雑踏事故:「2017年は一方通行にして事故防止」…韓国ネットに出回るうわさをファクトチェック

 ソウル市竜山区で起こった「梨泰院ハロウィーン雑踏事故」を巡り「警察や竜山区庁(区役所)などの対応が間違っていた」という趣旨の指摘がネットなどで広がっている。「配置された警察官の人数が例年よりも少なかった」「事故が起こった路地裏は以前だと通行が規制されていたが今回は規制されなかった」などだ。しかし警察と竜山区庁の説明はこれらの主張とは食い違っている。

【表】梨泰院雑踏事故への対応を巡る主張

■「警察官の人数は例年よりも少なかったのか」

 ネットなどでは「2020年には800人の警察官が現場に投入され全ての路地を規制したが、今回は20人ほどしかいなかった。警察官が少なかった理由は尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領が自分の警護のため警察官を使っているから」との主張が広がっている。これに対してソウル警察庁の説明は次の通りだ。事故が発生した29日、梨泰院に配置された警察官は合計137人だった。警察は2017年30人、18年37人、19年39人、20年38人、21年には85人を現場で警戒に当たらせた。今年は例年よりも警察官の人数が多かったのだ。ただし20年と21年はコロナの感染対策で機動隊の1個中隊と3個中隊を梨泰院の異なった地域に待機させた。

 機動隊の1個中隊は60人ほどで、周辺の機動隊バスなどで待機し、必要なときに現場に投入される。警察の関係者は「2020年に800人が投入されたとの主張は、当時コロナの感染対策で警察、ソウル市、防疫当局の担当者など800人以上の合同点検班が梨泰院、弘大、江南などの繁華街密集地域で活動したことが誤って伝わったのだろう」と述べた。

 「韓国大統領室が竜山に移転したため竜山警察署から多くの警察官が大統領の警護に投入され、梨泰院に警察が足りなくなった」との指摘も広がっている。これに対して警察の関係者は「大統領室の警護は警護専門の部隊である101警備団、202警備団が担当しているため、所属が全く異なる」「竜山警察著と大統領の警護は関係ない」と説明した。

■「事故が発生した路地は2017年は一方通行だった」

 2017年のハロウィーンでは20万人が集まったが、この時に事故は発生しなかった。これについては「今回事故が発生した路地裏を2017年に当局が一方通行に規制したため」との指摘もある。これに対して竜山区庁の関係者は「梨泰院のハロウィーンは主催者のいるイベントではないため区庁は管理しない」「事故が発生した路地裏を一方通行にしたことはない」と説明した。警察も事故が発生した路地裏を一方通行にしたことはないという。警察の関係者は「昨年は梨泰院の複数の路地裏でQRコード認証により人の流れが一つの方向に動いた。これが一方通行のように見えたのかもしれない」とコメントした。

 ただしハロウィーンの2週間前に開催された「梨泰院地球村祝祭」は竜山警察著が後援していたためハミルトン・ホテルから緑莎坪駅まで車の通行が規制されたという。ただしこのときも路地裏では一方通行に誘導するといった通行人への規制は行われていなかった。

前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 梨泰院雑踏事故:「2017年は一方通行にして事故防止」…韓国ネットに出回るうわさをファクトチェック
  • 梨泰院雑踏事故:「2017年は一方通行にして事故防止」…韓国ネットに出回るうわさをファクトチェック
  • 梨泰院雑踏事故:「2017年は一方通行にして事故防止」…韓国ネットに出回るうわさをファクトチェック

right

あわせて読みたい