梨泰院雑踏事故:「圧死しそう」…発生4時間前から通報、韓国警察は放置

梨泰院雑踏事故:「圧死しそう」…発生4時間前から通報、韓国警察は放置

 韓国警察には先月29日、ソウルの繁華街・梨泰院でハロウィンを祝う人々が次々と転倒する大惨事が発生する3時間41分前から「圧死しそうだ」「人が多いので規制してほしい」という11件の通報が寄せられていたことが1日までに分かった。韓国警察庁は同日、112番通報(日本の110番に相当)の録音記録を公開し、当時の措置が適切だったかについて、徹底した監察に着手すると表明した。

 警察が公開した事故当日の112番通報録音には、圧死事故の危険性を知らせ、警察に速やかな対応を求める内容が含まれていた。最初の通報は午後6時34分で、事故が発生した午後10時15分の4時間近く前だった。通報者のAさんは「路地を人が下りていくことができないのに、登ってくる人が押し寄せ、圧死しそうだ。警察は規制すべきではないか」と訴えた。

 群衆事故の危険性を指摘する通報は午後8時ごろ再び10件続いた。午後8時9分、2番目の通報者Bさんは「人が多すぎて滞り、突き倒したり、転倒したりして騒ぎになり、けが人が出ている。取り締まるべきだと思う」と話した。午後8時53分、4番目の通報者Cさんは「人が多くて圧死寸前だ。修羅場だ」と叫んだ。同様の通報は事故直前の午後10時11分まで続いた。

 警察に一方通行の交通規制を求めた通報者もいた。午後9時7分、7番目の通報者Dさんは「ここは今人が多すぎ、圧死の危険がある。一方通行となるように規制してほしい」と話した。

 尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領は1日、関連報告を受け、「当時、通報がどこまで報告され、どのように処理されたのか徹底的に真相を究明し、少しの疑惑もないよう国民に告知してもらいたい」と指示した。大統領室関係者は治安責任者の責任論に関連し、「大統領は真相調査結果によって、法と原則に従い処理すべきとの考えだ」と話した。

 一方、李祥敏(イ・サンミン)行政安全部長官、尹熙根(ユン・ヒグン)警察庁長、呉世勲(オ・セフン)ソウル市長、朴熙英(パク・ヒヨン)竜山区庁長、ナム・ファヨン消防庁長職務代理は一斉に謝罪した。李長官は「国民の安全に責任を負う担当部署の長官として、深い謝罪の言葉を申し上げる」と述べた。呉市長は「市民の生命と安全に責任を負うソウル特別市長として無限の責任を感じる」とし、尹庁長は「結果が出れば、相応しく身を処する」と発言した。

金承材(キム・スンジェ)記者、李海仁(イ・ヘイン)記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • 梨泰院雑踏事故:「圧死しそう」…発生4時間前から通報、韓国警察は放置

right

あわせて読みたい