ソウル雑踏事故で集団訴訟の動き 遺族が国を相手取り

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル・梨泰院で156人が死亡した雑踏事故の遺族の間で、国を相手取って集団訴訟を起こそうとする動きがあることが、10日分かった。

 法曹界によると、弁護士団体「グッド・ロイヤーズ」が同事故を巡り、損害賠償訴訟に参加する原告の募集を始めた。この団体は「国と地方自治体が責任逃れできないように訴訟を起こすつもりだ」として、「惨事で亡くなったか負傷を負った犠牲者と遺族は損害賠償を求める訴訟を提起できる」と説明した。これまでに約10人の遺族から問い合わせがあったという。

 別の弁護士団体「民主社会のための弁護士会」も8日の記者会見で、一部の遺族から代理人に委任されたと明らかにした。

 法曹界では政府機関や公務員が事故を予見できたにもかかわらず必要な措置を取らなかったことが立証されれば、国の賠償責任が認められる可能性があるとの意見が出ている。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい