尹大統領発言の訂正報道巡る調停不調 外交部と放送局折り合えず

尹大統領発言の訂正報道巡る調停不調 外交部と放送局折り合えず

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部が、尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が9月に訪米した際に低俗な発言をしたと報じたMBCテレビを相手取り言論仲裁委員会に訂正報道を求める調停を申し立てていた問題で、双方が折り合えず調停が不調に終わったことが11日、分かった。

 外交部とMBCによると、朴振(パク・ジン)同部長官は先月末に調停を申し立て、双方は今月10日に言論仲裁委でそれぞれの立場を説明したが合意に至らず、同委員会は調停を不成立とした。外交部は今後、裁判所に提訴することができる。

 MBCなどは、尹大統領が9月に米ニューヨークを訪問した際に「国会でこの野郎どもが承認してあげなければ、バイデンは赤っ恥だ」と発言したと報じたが、大統領室はこうした発言はしていないと否定している。

 外交部は11日、記者団に「MBCの事実と異なる報道により、同盟国で韓国に対する否定的な世論が広がり、国民の外交への信頼が揺らぐなどネガティブな影響が出た」と訂正報道を求めた理由を説明した。一方のMBCは「虚偽報道ではないとみているため訂正報道は難しい」としている。

 大統領室は11日からの尹大統領の東南アジア歴訪で、偏向報道が繰り返されているとしてMBC記者の大統領専用機搭乗を拒否した。メディア団体はこれに強く反発している。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • 尹大統領発言の訂正報道巡る調停不調 外交部と放送局折り合えず

right

あわせて読みたい