大統領専用機への搭乗拒否は「違憲」 韓国放送局が法的対応へ

【ソウル聯合ニュース】韓国のMBCテレビは11日、大統領室が尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の東南アジア歴訪に先立ち同局記者の大統領専用機搭乗を拒否したことは言論の自由の侵害だとして、憲法裁判所に訴えを起こすと発表した。

 MBCは「特定のメディアだけ大統領専用機への搭乗を拒否する措置は言論の自由という憲法的権利を侵害するものだ」として、法的救済手続きを踏むことを決めたと明らかにした。

 大統領室は同日からの尹大統領の東南アジア歴訪で、偏向報道が繰り返されているとしてMBC記者の大統領専用機搭乗を拒否した。メディア団体はこれに強く反発している。

 MBCは、大統領専用機に搭乗できなかった記者は民間の航空機でカンボジアのプノンペンに向かったが、尹大統領の次の訪問先であるインドネシア・バリ島への直行便がなく、14日に開催されるビジネスサミットの取材ができなくなるなど取材が制限されていると説明した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい