カタールW杯:逆転負けの豪ファンが仏ファン暴行、数十人で取り囲んでペットボトルを投げつける

 フランスがオーストラリアに4-1と逆転勝ちした後、街頭で応援していたオーストラリアの一部サポーターがフランスのサポーターに空(から)のペットボトルを投げつけてののしるなど、暴力を振るう事件が発生した。

【動画】ペットボトルを投げつけられる仏サポーター

 23日(現地時間)、オーストラリアの7ニュースやキャンベラ・タイムズなどによると、2022年国際サッカー連盟(FIFA)ワールドカップ(W杯)カタール大会グループリーグD組第1戦のフランス対オーストラリア戦を見るため同日午前6時、オーストラリアのメルボルン・フェデレーション・スクエアに両国のサポーターが集まった。

 この日、オーストラリアは前半9分でフランスのゴールネットを揺らした。しかし、その後、フランスのアドリアン・ラビオが同点ゴールを決め、さらにオリビエ・ジルーも得点して逆転した。その後、 キリアン・ムバッペとジルーがそれぞれ1ゴールずつ追加し、フランスが完勝した。

 試合終了後、オーストラリアの一部サポーターはフランスのサポーターに暴力的な行動を取り始めた。ソーシャル・メディアで拡散されたこの時の動画を見ると、オーストラリアのサポーター数十人はフランスのサポーターとみられる男性を取り囲み、空のペットボトルを投げつけている。これに対して男性は上半身を丸めて、飛んでくるペットボトルを避けようとしている。この男性のズボンは何か分からない液体でぬれていた。男性の正面から投げられたペットボトルに顔が当たりそうになった瞬間もあった。オーストラリアのサポーター数人が男性に向かって暴言を浴びせていた。

 この男性は別の動画ではオーストラリアのサポーターに殴られていた。この動画を見ると、男性の後ろにいたオーストラリアのサポーターが突然、一斉に歓声を上げて押したため、男性は前につんのめって転んでしまう。サポーターは男性を足げにしたり拳を振り回したりするなど、乱暴な振る舞いをした。この動画をツイッターでシェアした7ニュースの記者は「こうした行動をしたオーストラリアのサポーターは『フランスのサポーターに国旗を奪われた』と主張した」と報じた。ただし、この事件がなぜ起きたのかは正確には把握できていない。

 これと関連して、現地の警察は「まだこの事件に関する苦情はない」としながらも、「この件で届いているすべての報告事項を調査する」と明らかにした。その上で、「(事件に関して)警察と話していない人は誰でも話しに来るよう促す」「この地域は暴力的または反社会的な行動ができる場所ではない。我々は多くのスポーツファンが正しい心構えでこの楽しい時間を過ごすことを支持する」と語った。

チョン・チェビン記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい