カタールW杯:AIはウルグアイ勝利予想、朴智星は「韓国が勝つ…南ア大会の無念を晴らしてほしい」

カタールW杯:AIはウルグアイ勝利予想、朴智星は「韓国が勝つ…南ア大会の無念を晴らしてほしい」

【NEWSIS】韓国SBSのサッカー解説委員を務める朴智星(パク・チソン)と李昇祐(イ・スンウ)が、ワールドカップ(W杯)カタール大会で韓国のグループリーグ初戦となるウルグアイ戦について、韓国の勝利を予想した。

 サッカー韓国代表は24日午後10時(韓国時間)、エデュケーション・シティ・スタジアムで行われるグループリーグH組第1戦でウルグアイと対戦する。韓国の人工知能(AI)は、ウルグアイの勝利を予想しており、韓国が勝つ確率は11-25%と非常に低いと出ている。

【写真】カタール・ドーハで初練習するサッカーW杯韓国代表たち

 朴智星は「カタール現地で情報を集めたところ、可能性が少し出てきた。韓国の1-0での勝利が有力だ」として「中盤での争いで少し持ちこたえれば、可能性は高い。(ウルグアイの)スアレスは危険な選手だが、それはペナルティーエリアの中だけだ。外ではやや威力が落ちる。このような部分について、韓国の選手たちは十分に対策しておかねばならないだろう」とアドバイスした。特に、ソン・フンミンの得点を予想し「プレミアリーグの得点王になったときも、私がご飯をおごったらゴールを入れた」と明かした。

 李昇祐は「韓国が2-1で勝つと期待している」として「孫準浩(ソン・ジュンホ)選手がかなり豊富な運動量で鄭又栄(チョン・ウヨン)をサポートしていた。ひょっとしたら第1戦のベストイレブンに選ばれるんじゃないかと思う」と予想した。さらに「ウルグアイは容易な相手ではない。これまで何度も準決勝や決勝に進出している。スアレス、ヌニェス、ベンタンクール、バルベルデなど危険な選手が多いが、彼らがどんなプレーをするか楽しみだ」とした上で「韓国代表にとって簡単な条件ではないが、いい試合結果を期待している。カタールで一つでも多くの試合を戦えるよう願っている」と話した。

 前日に朴智星と李昇祐は、E組第1戦のドイツ-日本戦の直後、Youtubeでライブトークを繰り広げた。朴智星は「ドイツがシュートに慎重すぎた。あきらかにシュートできるタイミングでも、完璧なチャンスを作ってからゴールを決めようとしていたのが失敗の原因」だとして「結局はゴールを決めなければ勝てない。守備がどんなに良くても0-0で終わってしまう。『ゴールを決められるか』が非常に重要なわけだが、大韓民国にはソン・フンミンがいる。だから24日の試合は一層楽しみだ」と話した。さらに「2010年のW杯南アフリカ大会の決勝トーナメントでウルグアイに敗れた悔しさを、後輩たちが晴らしてほしい」と期待を込めて話した。

李昇祐は「ウルグアイにはヌニェスやスアレスなど、こちらのミス一つをゴールにつなげられる選手がいる。韓国のDF、MF陣がミスのないプレーしてこそ、試合をものにできる」として「私は明日(24日)、手に汗を握ることになるだろう。粘り強い試合を展開してくれればいいと思う。ソン・フンミン選手、黄義助(ファン・ウィジョ)選手に1点ずつ入れてほしい」と話した。

チェ・ジユン記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • カタールW杯:AIはウルグアイ勝利予想、朴智星は「韓国が勝つ…南ア大会の無念を晴らしてほしい」

right

あわせて読みたい