英競争当局、大韓・アシアナ航空の合併を事実上承認

 英国の競争・市場庁(CMA)は28日、韓国の大韓航空とアシアナ航空の合併を事実上承認した。同庁は「大韓航空の提案(是正措置案)が受け入れられる合理的な根拠があると判断した」と指摘した。CMAは業界の意見を集約後、承認の是非を決定する予定だ。

 大韓航空関係者は「今回の決定を前向きにとらえ、残った期間は英競争当局の企業結合審査が早く終結するよう誠実に協力していく」と述べた。

 CMAは今月14日、「ロンドン~ソウル間の直行便を運航する航空会社は大韓航空とアシアナ航空の2社だけだ」とし、合併が乗客に高い運賃と低いサービス品質をもたらす恐れがあるとの理由で審査を留保。大韓航空に独占懸念を解消する方策の提出を要求した。CMAによる今回の決定は、大韓航空の是正措置案を受け入れた格好だ。

 両社の合併は、英国以外にも米国、欧州連合(EU)、日本、中国の4カ国・地域の競争当局による企業結合審査を受けている。米司法省は15日、審査を延長し追加検討を行うと発表した。英競争当局の最終承認が出ても、残る3カ国・地域の一部でも反対すれば、両社の合併が失敗に終わる可能性がある。

イ・ウンヨン記者、クォン・オウン記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲写真提供=大韓航空/NEWSIS

right

あわせて読みたい