サッカーW杯 ガーナ戦の視聴率39.1%=韓国

サッカーW杯 ガーナ戦の視聴率39.1%=韓国

【ソウル聯合ニュース】視聴率調査会社ニールセンコリアの集計によると、サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグH組の韓国がガーナと対戦した第2戦を中継した韓国地上波放送局の視聴率は合計39.1%だった。

 28日午後8時33分から29日午前0時22分までKBS、MBC、SBSの地上波3社が中継した同試合の視聴率を合計した。視聴率は24日に行われた初戦の韓国―ウルグアイ戦(3社合計41.7%)をやや下回った。

 ガーナ戦の各社の視聴率はMBCが20.0%、SBSが12.8%、KBSが6.3%だった。

 試合は2―3で韓国が敗れた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • サッカーW杯 ガーナ戦の視聴率39.1%=韓国

right

あわせて読みたい