韓国警察、韓東勲法相の身辺保護措置…ネットメディアがマンションに無断侵入して生中継

 韓国・ソウル水西署は28日、韓東勲(ハン・ドンフン)法務部長官とその家族に対する身辺保護措置を取り、自宅周辺のパトロールを強化した。身辺保護決定が下された際に支給されることがあるスマートウォッチの提供などは協議中だという。

 警察による今回の身辺保護措置はいわゆる「清潭洞酒席疑惑」を報じたユーチューブチャンネル「ザ・探査」の関係者5人が27日、韓長官が住むマンションに無断侵入したことが理由だ。

 警察とザ・探査の動画によれば、27日午後1時ごろ、ザ。探査の関係者5人は韓長官が住むソウル江南区内のマンションに立ち入り、長官宅の呼び鈴を押した。5人はマンションの共同玄関からエレベーターで長官宅がある階に行き、ドアの前で「韓長官はいらっしゃいますか」と数回叫んだ。何の反応もなかったことから、ドアの前の宅配荷物を見たり、ドアロックを触ったりした。当時韓長官宅には妻など家族だけがいたという。

 ザ・探査関係者は韓長官宅の前で撮った動画の中で、「私たちは韓東勲を捜索しようとするのではなく、日曜日に警察の捜査官から奇襲的に捜索を受けた記者がどんな心情なのか共感してもらいたくて取材しようと思う」と発言した。

 これに対し、韓長官はザ・探査の関係者5人を住居侵入などの疑いで警察に追加告発した。それに先立ち、韓長官は今年8月、自身の帰宅を尾行されたとして、ザ・探査の関係者らを告発している。

オ・ジュビ記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲韓東勲(ハン・ドンフン)法務部長官(写真=NEWSIS)

right

あわせて読みたい