北朝鮮に「注目すべき変化ない」 核実験はいつでも可能=韓国軍

北朝鮮に「注目すべき変化ない」 核実験はいつでも可能=韓国軍

【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部のキム・ジュンラク広報室長は29日の定例会見で、「核武力の完成」宣言から5年を迎えた北朝鮮の動向に関し、「北の核実験は政治的判断によっていつでも敢行可能だが、現在のところ注目すべき変化はない」と述べた。「韓米の情報当局は緊密な連携の下で(北朝鮮の)関連動向を綿密に追跡・監視しており、軍は確固たる備えを維持している」と説明した。

 北朝鮮は2017年11月29日、新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」の発射実験に成功したとし、「国家核武力の完成」を宣言した。その5周年を機に、7回目の核実験やICBMの追加発射に踏み切る可能性が提起されている。

 韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領はロイター通信がこの日報じたインタビューで、北朝鮮が7回目の核実験を行えば「これまで取らなかった対応」を取ると警告した。国防部のムン・ホンシク副報道官はこの「対応」の中身について問われると具体的な回答を避け、「対応方法を幅広く講じている」と述べるにとどめた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • 北朝鮮に「注目すべき変化ない」 核実験はいつでも可能=韓国軍

right

あわせて読みたい