カタールW杯:2得点チョ・ギュソン、個人での連続ゴール最速記録で歴代4位

カタールW杯:2得点チョ・ギュソン、個人での連続ゴール最速記録で歴代4位

【SportsChosun】韓国プロサッカーKリーグの得点王、チョ・ギュソン(全北)が28日(現地時間)、カタールで開催中のワールドカップ(W杯)で、最短時間での連続ゴールを決めた。チョ・ギュソンは同日行われたグループリーグH組第2戦のガーナ戦でW杯初ゴールを決め、それからわずか2分47秒で再びゴールネットを揺らした。

 この日チョ・ギュソンが決めた短時間での2ゴールは、これまでのW杯で飛び出した短時間での連続ゴールの4位に入る記録だ。

【写真】同点ゴール決めたチョ・ギュソン

 過去のW杯での連続ゴール最速記録の1位は、2014年ブラジル大会の準決勝、ドイツ対ブラジルの試合で飛び出した。この試合でドイツは前半24分、右サイドから上がってきたフィリップ・ラームのクロスをトニ・クロースがペナルティエリア左から左足でシュートし、ドイツに3点目をもたらした。クロースはそのあとのカウンターの場面でサミ・ケディラとパスを交わしながら追加点を決めた。この2点はわずか1分9秒の間に決まった。

 この試合でドイツは7-1の完勝を収めたが、前半だけで5点を献上したブラジルではこの試合は「ミネイロンの惨劇」と呼ばれている。準決勝が行われたブラジル・ベロオリゾンテのミネイロン・スタジアムにちなんだものだ。

 連続ゴール最速記録の2位は、2002年韓日大会で飛び出した。グループリーグ第3戦のブラジル対コスタリカで、ブラジルのエース、ロナウドの足から生まれた。

 ロナウドは前半10分に先制点を挙げると、それからわずか2分25秒で2点目を決めた。その後ロナウドは決勝戦でも2点を挙げ、計8得点で韓日大会の得点王に輝いた。1978年のアルゼンチン大会以降、ロナウドが登場するまで、W杯の得点王は計6点が最多だった。ロナウドは韓日大会で名実ともに最高のスターに上り詰めたわけだ。

 連続ゴール最速記録の3位は1994年米国大会で生まれた。この歴史的ゴールは、グループリーグ敗退が決まっていた2か国、ロシアとカメルーンの試合で飛び出した。

 この試合で先制ゴールを決めたのは、カメルーンのロジェ・ミラだった。当時42歳だったミラは、このゴールでW杯最年長得点の記録も打ち立てた。

 しかし、そこからロシアの反撃が始まった。ロシアのオレグ・サレンコは71分に4点目を決め、さらに2分45分後に5点目をカメルーンのゴールに突き刺した。

 サレンコの記録は他にもある。サレンコはこの試合だけで5得点を挙げ、W杯の歴史で唯一となる個人での1試合5ゴールを記録した。

 サレンコは米国大会でブルガリアのストイチコフと共に得点王(6点)に輝いた。しかしサレンコはその後、代表監督との不和が原因で、再びロシア代表のユニホームを着ることはできなかった。

ソン・ジョンホ記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • カタールW杯:2得点チョ・ギュソン、個人での連続ゴール最速記録で歴代4位

right

あわせて読みたい