中古船販売時は北朝鮮制裁違反に注意 韓国政府が海運業界に呼びかけ

【ソウル聯合ニュース】韓国の外交部は29日、海運業界に対し、国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議に反する行為を防ぐための説明会を行った。同部が30日明らかにした。

 説明会は海洋水産部主催の船舶テロなどを防止するためのセミナーに出席した船会社関係者約160人を対象に行われた。

 国連安保理は2016年の決議を通じ、加盟国が新品の船舶を北朝鮮に直接的・間接的に供給、販売、移転することを禁じており、17年の決議ではこの条項を中古船に拡大した。

 外交部は中古船を販売する際の注意事項や決議違反に関わる場合の船舶抑留など被害発生の可能性などを説明した。

 国連安保理の北朝鮮制裁委員会の専門家パネルは今年4月に公表した報告書で、韓国の中古船が昨年、中国を経由して北朝鮮に引き渡されたことを把握し、調査していると明らかにしている。

 外交部は「北が違法な(海上で船舶間の積み荷を移し替えて密輸する)『瀬取り』など制裁を回避する活動を続けるため中古船を違法に取得していることを踏まえ、説明を行った」として、「北の海上部門での制裁回避活動を防ぐための努力を強化していく」との方針を示した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい