韓国7~9月期の成長率0.3% 内需好調も外需振るわず

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が1日発表した7~9月期の実質国内総生産(GDP、暫定値)は前期比0.3%増加した。10月27日に発表された速報値と同じ。新型コロナウイルス対策の行動制限の解除などにより民間消費が拡大し、設備投資も半導体関連を中心に増え、成長をけん引した。一方で輸入が輸出を上回る勢いで増え、成長率を押し下げた。 

 四半期ベースの成長率は、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)により2020年1~3月期(1.3%減)と4~6月期(3.0%減)に連続でマイナスとなったが、7~9月期(2.3%増)は持ち直した。10~12月期(1.2%増)、21年1~3月期(1.7%増)、4~6月期(0.8%増)、7~9月期(0.2%増)、10~12月期(1.3%増)、22年1~3月期(0.6%増)、4~6月期(0.7%増)に続き7~9月期(0.3%増)まで、9期連続でプラスを維持した。

 7~9月期を部門別にみると、民間消費は娯楽・趣味用などの半耐久財と飲食・宿泊などのサービスを中心に1.7%増加した。設備投資は半導体製造装置などの機械類と輸送用機械が増え、7.9%の大幅な伸びとなった。民間消費の成長率への寄与度は0.8ポイント、設備投資は0.7ポイントだった。

 政府消費(政府支出)も0.1%増加した。建設投資は土木が振るわず0.2%減少した。内需全体の寄与度は2.0ポイント。

 一方、輸出は半導体が減少したものの、輸送用機械とサービスの好調に支えられて1.1%増え、4~6月期(3.1%減)のマイナスからプラスに転じた。だが、輸入が原油と天然ガスを中心に6.0%増と、輸出の約6倍の伸び率となった。輸出から輸入を差し引いた純輸出は成長率を1.8ポイント押し下げた。近ごろの貿易収支の赤字が経済全体に打撃を与えている。

 経済活動別の成長率は農林漁業が3.9%、建設業が1.3%、サービス業が0.8%のプラスだった。製造業はコンピューター、電子・光学機器、化学製品などが低調で、0.8%のマイナス。

 7~9月の実質国民総所得(GNI)は0.7%減少した。交易条件の悪化が響いた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい