サムスン会長 裁判所前で卵投げつけられる=経営権継承問題で公判出席

【ソウル聯合ニュース】韓国サムスングループの経営権継承に絡み、資本市場法上の不正取引行為および相場操縦、業務上背任などの罪に問われた李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子会長が1日、公判に出廷するため裁判所を訪れた際、何者かに生卵を投げつけられる騒動があった。

 李氏はこの日午前9時40分ごろ、ソウル市内の裁判所総合庁舎西門前で車を降り、庁舎に向かって歩き出したところ、左側から生卵1個を投げつけられた。

 卵は李氏には当たらなかったが、突然のことに驚いた様子を見せた。裁判所の警備員らも慌てて李氏を守った。

 法曹界では、李氏に対し不満を持つ者が騒動を起こしたとみている。

 李氏はサムスングループ傘下の第一毛織とサムスン物産の合併を巡り、自らのグループ支配力を強化するために第一毛織の株価を意図的に引き上げ、サムスン物産の株価を引き下げる不当行為を行った罪で2020年9月に起訴され、現在まで裁判が続いている。

 李氏側は、合併は合理的な経営判断の一環であり、合併後の経営実績も改善したとして無罪を主張している。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲卵を投げつけられた李氏(左から2人目)に駆け寄る関係者ら=1日、ソウル

right

あわせて読みたい