イランで自国のW杯敗退を祝った男性、治安部隊に撃たれ死亡=英報道

イランで自国のW杯敗退を祝った男性、治安部隊に撃たれ死亡=英報道

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会でイラン代表が米国代表に敗れ、イランのグループリーグ敗退が決まる中、イランの敗退を喜んでいたイラン人男性が軍警察に銃で撃たれて死亡したことが分かった。BBC、ガーディアンなど英国メディアが29日(現地時間)、報じた。

 人権活動家らは、27歳のメヘラン・サマクさんが試合終了直後、イラン北部の都市バンダル・アンザリで車のクラクションを鳴らしながらイランの敗戦を祝っていたところ、銃で撃たれたと伝えた。

 人権団体「イラン・ヒューマン・ライツ」(IHR)はガーディアンに対し「治安部隊がサマクさんを直接狙って頭部を撃った」と明らかにした。

 死亡したサマクさんは、米国戦でプレーしていたイラン代表MFサイード・エザトラヒ選手の知人だったという。

 エザトラヒ選手はSNS(交流サイト)に、サマクさんとユニホーム姿で肩を組む幼い頃の写真を投稿し「君が亡くなったという夕べの悲痛なニュースに胸が張り裂ける」とつらい気持ちをつづった。

 この日、イランが米国に敗れると、イランの反政府デモ隊は、バンダル・アンザリをはじめ首都テヘランや北部の複数の都市で爆竹や車のクラクションを鳴らして歓声を上げた。

 今年9月以降、反政府デモでイランの治安部隊によって殺害されたのは、子ども60人と女性29人を含め、計448人に達するとIHRは説明した。

リュ・ジュヒョン記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • イランで自国のW杯敗退を祝った男性、治安部隊に撃たれ死亡=英報道

right

あわせて読みたい